まるでファンタジー映画のようなノリのいい『ムーラン・ルージュ』

1899年のフランス、パリのモンマルトル。その街には、ナイトクラブ《ムーラン・ルージュ》がある。毎夜、毎夜、多くの者が集まり酒を飲み明かし、歌い、踊り回ります。その《ムーラン・ルージュ》を舞台に、若き貧乏作家と女優を目指す踊り子の恋愛ミュージカル映画です。

抱いていたイメージとは、まるで違っていた派手な演出に驚かされました。そして、使われている楽曲も、1899年らしくない、ビートルズ、エルトン・ジョン、マドンナなど親しみ深い曲が多いのにも驚かされ、演出の度胸を買います。

ラブストーリーのミュージカルでありながら、その展開はまるでコメディ映画。そして、派手なセット、豪華な衣装。まるで遊園地のアトラクションに載っているスピード感なる映像美です。ちょっと他のミュージカル映画とは異なる感覚を味わうことができます。

主演は『めぐり逢う時間たち』、『ラビット・ホール』のオスカー女優のニコール・キッドマンと『トレインスポッティング』、『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガーのW主演です。この二人の吹き替えなしの歌とダンスを堪能できます。

ニコール・キッドマンは、《ムーラン・ルージュ》で最も売れている踊り子サティーンを体当たりで演じます。その美しさは目を見張ります。そして、可愛くもあり、キュートな面も魅せながら、長けた歌唱力で映画を盛り上げます。

なお、本作でニコール・キッドマンが身につけたネックレスは、1308個ものダイヤモンドを散りばめたもので、3億円の価値があり、映画のために作られたジュエリーとしては史上最高額です。劇中も何度も「女はダイヤモンドが好物」という歌詞が出てきますが、本物を使うとは驚きです。

ユアン・マクレガー演じる貧乏作家クリスチャンの役は名だたる俳優がオーディションを受けたらしく、歌唱力を買われユアン・マクレガーが選ばれたそうです。確かに、劇中の彼の歌は思っていた以上に上手です。映画が始まってすぐ、彼の口から『サウンド・オブ・ミュージック』が聞くことができたのもびっくりです。

また、ジョン・レグイザモが小さな男の役を演じるのですが、はじめ観たとき、彼とは分かったのですが、それにしても小さい?別人?と思ってしまいますが、撮影中はずっと膝を曲げての撮影で、膝から下はCG処理をしていたそうです。そして、その過酷な撮影のため、撮影後足の感覚を失い、治療を受けたそうです。

イギリスの若者クリスチャンは、愛と自由の物語を書く作家になるため華の都パリで住むことにします。しかし、自分には恋愛経験がないため、物語を書くことができません。そんなとき、部屋の天井を突き破って大男が落ちてきます。

二階には、《ムーラン・ルージュ》でショーを行う芸人たちの練習場があったのです。いつの間にか、その連中に巻き込まれることになってしまったクリスチャンは、早々と《ムーラン・ルージュ》で出向くことになり、手違いでクラブ一の花形スター、サティーンと二人きりで会う手配になってしまい、二人は恋に落ちていくのです。

目が疲れるほどの派手な映像とノリのいい音楽で、19世紀のパリの社交場を描く異色ミュージカル映画をご堪能ください。

ドリーメッツに自分の未来を託すミュージカル『ドリームガールズ』

黒人女性3人組グループ《スプリームス》のメンバー、メアリー・ウィルソンの自伝 ” Dreamgirls : My Life As a Supreme ” がブロードウェイ・ミュージカルで上演され、それを映画化した作品です。

豪華な共演陣が話題になった、3人の女性ボーカリストを描くサクセス・ストーリー。そして、まだ人種問題が残る1960年代の白人社会の中で夢を追い続ける黒人ミュージシャンの栄光と挫折を描いたエンターテインメント、ミュージカル映画です。

主演の3人の女性ボーカリスト《ドリームズ》、彼女たちのマネージャー、カーティス・テイラー・ジュニア。演じるのは、『コラテラル』、『マイアミ・バイス』、『ジャンゴ 繋がれざる者』で大俳優の風格が出てきたジェイミー・フォックス。歌う場面は、多くはありませんが、渋い歌声を披露してくれます。

彼は、2004年には、『Ray』でレイ・チャールズを演じてアカデミー賞主演男優賞を受賞し、オスカー俳優の仲間入りを果たしました。同時に英国アカデミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しています。

そして、ビヨンセが女性ボーカリストのメンバーの一人として大活躍します。この役作りのために半年間の食事制限をして、10キロのダイエットをして撮影に挑みました。その甲斐もあり、本作でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされました。

その他の出演陣も豪華です。映画の前半で《ドリームズ》をバックにカリスマ的スター、ジェームズ・サンダー・アーリーを演じるのは、コメディ映画で有名なエディ・マーフィーです。

さらに、『リーサル・ウェポン』シリーズ、『SAW』のダニー・グローヴァーが、ジェームズ・サンダー・アーリーのマネージャー役で大俳優の貫禄を魅せてくれます。

劇中の当初は、グループのリーダー的存在だったエフィー・ホワイト役のジェニファー・ハドソンは、映画デビュー作だったのですが、その圧倒的な歌唱力でビヨンセを喰ったと話題となり、ゴールデングローブ賞助演女優賞、アカデミー賞助演女優賞を獲得しました。

1960年代、車の街デトロイトが舞台です。黒人女性3人グループ《ドリーメッツ》は、ライブハウスのオーディションに臨みますが、失敗します。しかし、彼女たちの実力に目を留めたのが、中古車販売を営むカーティス。彼は、その傍らで、芸能プロデュース業をしていたのです。

カーティスは、大物ミュージシャン、ジミー・サンダー・アーリーのバックコーラスとして、彼女たちを売り出すことになり、ジミーのバックコーラスとしてツアーに参加することになります。

しかし、その過程は順風満帆なものではありません。やがて、グループは、牽引役だったエフィーから、美貌のあるディーナ(ビヨンセ)を中心に活動スタイルを変えていくことになります。それが、きっかけでエフィーはグループを抜けることになります。

歌が上手いだけでは生きていくことのできないショー・ビジネス。前半では、黒人がショー・ビジネスで成功することの難しさを伝え、後半ではプロモートの必要性、プロデュースの力に頼るしかない現実を伝えます。一見華やかに見えるショー・ビジネスも、その裏は挫折の連続であることをまざまざと描いています。

バージョンアップして帰ってきた『ブルース・ブラザース2000』

2016年秋には、シーズン42になった、アメリカの公開コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』。その番組人気コーナー『ブルース・ブラザース』から生まれたバンドを主人公に、1981年に映画化された作品の続編です。『ブルース・ブラザース2000』となっていますが、実際に製作されたのは1998年です。

1981年版同様、黒のソフト帽、サングラス、スーツ、ネクタイ、靴という黒ずくめで、まるでMen In Black。ブルース、R&B、ソウルなどの、往年の黒人ミュージシャンに対して敬意を込めています。前作のように体を張ったコメディ映画にアクションとミュージカルの要素を加えた作品となっています。

やはり、本物の豪華ミュージシャンが多数出演することで、他のミュージカル映画とは異なる質の高さをうかがえます。前回に引き続き、音楽界からは、ジェームス・ブラウン、レイ・チャイルド、スティーブ・クロッパーなどに加え、エリック・クラプトンやB.B.キングも出演し、世界中が驚きました。

このことは、出演者たち自身がキングやクラプトンをどうやって呼んだのだ、と不思議がるほどでした。キングやクラプトンの新ミュージシャンは、《ルイジアナ・ゲータ・ボーイズ》という、《ブルース・ブラザース》とバンド対決をするグループの一員として出演します。

このシーンだけでも、ミュージカル・コメディ映画ということを忘れて、まるで豪華アーティスト競演のライブ映像を観ているような感覚になります。

監督は、前作と同様ジョン・ランディス。脚本も同じくジョン・ランディスとダン・エイクロイドの共同執筆なので、基本的には設定は前作を踏襲していますが、困ったことに、主演の一人ジョン・ベルーシは、亡くなっています。

当初の企画段階では、ジョン・ベルーシの実弟、ジェームス・ベルーシが出演する予定で脚本の原案が書かれていました。彼は実際のオリジナル、《ブルース・ブラザース》バンドのメイン・ヴォーカルを担っています。もちろん、本人もノリノリで出演の予定でいました。

ところが、ダブル・ブッキングだったのです。当時のジェームス・ベルーシは、超売れっ子で、テレビドラマの契約がかぶっていたのです。ご存じの通り、アメリカは契約社会です。あらゆることが契約書で決められており、ドラマと並行しての他の出演はできないことになっていたのです。

そうして脚本は大幅に書き換えられることになり、兄弟二人の主演という設定から、《ブルース・ブラザース》バンドそのものを主演という発想に変更されることになりました。

18年の刑期を終えたエルウッドに兄ジェイクの訃報が入った。失意のエルウッドは、かつて過ごした孤児院を訪ねるとバスターという少年と意気投合し、昔の仲間を誘い《ブルース・ブラザース》バンドを復活させることになります。

しかし、バスターを勝手に連れ出したことで、警官と孤児院に追われる羽目になります。逃避行中、バンド・コンテストに出場することになり、ルイジアナ・ゲイター・ボーイズと争うことになります。

新メンバーでの、《ブルース・ブラザース》と《ルイジアナ・ゲイター・ボーイズ》のバンド合戦を、ぜび、お楽しみください。

人気テレビ番組のコーナーから生まれた『ブルース・ブラザース』

2016年秋には、シーズン42になった、アメリカの公開コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』。その番組人気コーナー『ブルース・ブラザース』から生まれたバンドを主人公に映画化した作品です。体を張ったコメディ映画でありながら、アクションとミュージカルの要素を加えた作品です。

この映画が他のミュージカル映画と一線を画すのは、一般にミュージカル映画とは俳優陣が歌やダンスを披露するのですが、本作は本当のミュージシャンが演者となって演技をするところでしょう。だから、音楽の質が高いのですね。

ショッピングモール内カーチェイスやビルの破壊などCGのない時代のアナログの迫力でギリギリのタイミングがハラハラさせてくれますが、演者たちの無表情な演技が笑いを誘います。

本作の完成時は、白人にはウケないという理由で、試写会後では15分短縮されるなど、決して関係者からは歓迎されていなかったそうですが、根強いファンの後押しで、DVDでは完全版となりました。

1981年製作。本作は、黒のソフト帽、サングラス、スーツ、ネクタイ、靴という黒ずくめで、まるでMen In Black。ブルース、R&B、ソウルなどの、往年の黒人ミュージシャンに対して敬意を込めている意味もあります。

主演は、『ゴースト・バスターズ』シリーズなどのコメディ映画で活躍するコメディアンのダン・エイクロイドと、人気絶頂の翌年1982年に、33歳の若さでホテルの一室で薬物中毒で亡くなったジョン・ベルーシとのW主演。

実際のミュージシャンや特別出演の豪華さが話題になり、未だに根強いファンがいます。音楽界からは、ジェームス・ブラウン、レイ・チャイルド、スティーブ・クロッパーなどの本物ミュージシャンが出演しています。

さらに、変わり種の出演では、突然、車の名からバズーカ砲を撃ってきたり、平然とビルを爆破する謎の女に『スターウォーズ』シリーズのレイア姫を演じたキャリー・フィッシャー、納税課の職員に名監督スティーブン・スピルバーグが演じていますので、お見逃しないようにしてください。

ジェイクは3年の刑期を終え、仮釈放され刑務所から出所、弟のエルウッドがブルース・モービルという廃車寸前のパトカーで迎えにきます。二人はチェイスを繰り返しながら、幼いころに世話になった孤児院に挨拶にいくが、税金が払えず、立ち退きの危機にあったことを知ることになります。

二人はジェームス牧師の移動礼拝に出席し、説教を聞くことになります。するとジェイクはそこで神の啓示を受け、バンドを再結成することになります。

孤児院を救うために、昔のバンド仲間を引き入れ《ブルース・ブラザース》が再び結成されるのですが、彼らをイリノイ州やシカゴ州の警官、州兵、ナチ極右団体、カントリー・バンドが行く手を阻みます。そして、なぜか二人の命を狙う謎の女など、その先は多難となっています。

ストーリー展開も、流れるミュージックも、他のミュージカル映画とは異なる異色のミュージカル映画をお楽しみください。