この映画のテーマは戦い、夢、希望、愛『レ・ミゼラブル』

2012年に製作されたミュージカル映画『レ・ミゼラブル』は、今までのミュージカル映画とは異なる斬新な撮影方法をとっています。監督は『英国王のスピーチ』でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーです。

では、どのような撮影法なのでしょう。一般的なミュージカル映画とは、まず撮影をしてから、声や音楽をあとから乗せる方法をとります。しかし、本作は撮影時歌った声をそのまま利用しています。よって、役者の感情がそのまま伝わるのです。

きれいな歌声を乗せるのではなく、その現場と歌っている声が、そのまま本番として使われます。当然、吹き替えもできません。役者にとっては、まるで舞台で演じている緊張感があるはずです。

その緊張する撮影方法で臨んだのは、驚くべき俳優陣でした。映画『X-MEN』シリーズのヒュー・ジャックマンが主演のジャン・バルジャンを演じます。アクション俳優のイメージが強いので、配役に選ばれたときは驚きましたが、彼はミュージカル舞台も出演しているのですね。

そして、同じくアクション俳優のイメージが強い、ラッセル・クロウが、ジャン・バルジャンを追い詰めるジャベール警部の役を務めます。彼もミュージカルのイメージはないのですが、若い頃はロックバンドのメンバーだったそうです。

娘をジャン・バルジャンに託すフォンテーヌの役に、今ハリウッドで最も売れている女優、『プリティ・プリンセス』、『マイ・インターン』のアン・ハサウェイが務めます。

この豪華俳優陣が、何度も映画化、舞台化、さらにアニメ化された名作『レ・ミゼラブル』をつくりあげます。過去のどの作品よりも、最も感動的な『レ・ミゼラブル』となったできあがりとなりました。

19世紀のフランス、民主化が終わり再び王政が復活しようとしています。ジャン・バルジャンは幼い妹のためにパンを盗んで19年投獄されてしまいます。しかし、ジャン・バルジャンの身分証には《危険人物》の烙印が押されてしまい、仕事をすることさえできません。

ある日、教会に前で倒れていると、司教から救われます。しかし、人の優しさを知らないジャンは、教会の食器を盗んでしまいます。再び逮捕されたジャンだったが、司教は「食器は彼に与えたものだ」と警察に言うのです。

ジャンは己の恥を知り、生まれ変わることを心に決めたのです。こうして1823年、ジャンは貧困者の味方である市長になるのでした。しかし、新しく警察署長になったジャベールはジャンの過去に疑念を抱くことになります。

そのころ、ジャンが経営する工場で働く貧しい娘ファンテーヌは、職場でのある騒動で解雇されてしまいます。ファンテーヌは、からかった男を突き飛ばし、警察に逮捕されそうになったとき、ジャンがかばうのです。

ジャンは、危険を察しして、フォンテーヌの娘コゼットを連れてパリに逃げることにします。やがて、二人は激動のフランスの歴史に飲まれることになります。ラストは涙があふれ出します。